みなし残業を導入する企業に入社する時の注意点

固定残業時間分を前もってみなし残業代を定める「みなし残業制」

例えば20時間の固定残業時間が決まっている場合。
20時間までの残業はどれだけ残業してもみなし残業代が固定で支給されます。

もし20時間を超える時間外労働を行った場合。
超えた分の残業時間は別途残業代が支給されます。

これがみなし残業制の制度概要。

重要なのは何時間までの残業がみなしなのか?
そしてみなし残業代はいくらなのか?がポイントです。

なので注意点を挙げるなら、
・これらの明示すべき情報が定まっていない会社への入社は避けましょう。
・固定残業時間を超えても残業代を支給しない会社が存在します。

一言でいえば「ブラック企業」というやつです。
必ず一定数の規模でこれらの違法に運用する会社は存在します。

制度の適切な運用がなされているかを見極めること。
そのための制度の十分な理解が自分自身の身を守る術となります。

関連記事:【おかしい!】みなし残業なのに残業しないで早く帰るのはおかしいこと?