アンドロイドに負けた話

控室には演者であるアンドロイド達が揃っていた貴様が私が Android でいつもやろうとした時主役を務める Android が一歩進み出たあの以前勝手にセリフを変えた Android である監督ご覧の通りです。
何私たちが自分で考えて作った方がいいものができるんですかね観客は私たちの物語を支持したこれからは私たちの考えた物語を私達が変質して舞台を作らせて頂きますよなただしばらくはあなたのお名前をお借りします形だけはあなたが演出家をしているということで。
それからアンドロイド達は勝手に自分たちで物語を創り勝手にストつけ舞台を作り上げていった。
そしてそうやって出来た舞台を観客は指示したケースがであるはずの私はもはや何もしていないただのデクノボーに成り下がっていた。ただし、ワンズワードオンラインの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、丸舞台の千秋楽私は以前と同じように記者による囲み取材を受けていた先生物語2番の歯の仮面舞踏会の場面の演出はどう考えて行ったんですかあーあそこはですね私は記者の質問に流暢に答えたその答えは耳につけているイヤホンから聞こえてくる Android の声をそのまま口に出したものだ。