薄毛は遺伝なのかと諦めずにしっかり対策を!

私は40代女性ですが、髪が細く、クセもなく、直毛で、地肌が透けている状態です。

母も同じような髪質ですし、祖父は若い頃からツルツル頭でした。これはもう、遺伝だから仕方ないのかと思っていたこともありました。

それと同時に、私はストレスが溜まると円形脱毛症になりやすく、なってしまったときは、外に出るときは帽子を被るようにしています。円形脱毛症になったときには皮膚科に行き、必ずお薬をもらって、脱毛した部分にぬるだけではなく、頭全体に使っています。円形脱毛症は気にしすぎていると、なかなか治らず、気にするのをやめてしまっとら、気づいたときには治っているので、慣れっこです。普段はヘアージュのような市販の育毛剤を使っていますが、皮膚科からもらう薬の方が多少効き目があるように感じます。

美容室へ行くときには、スタイリストさんと薄毛に関して色々と話をします。スタイリストさんがいうには、男性の場合、髪を短くしてしまうか、潔よくスキンヘッドにするの方がカッコいいということでした。残っている髪を伸ばして隠そうとする方がカッコ悪いそうです。

では女性の場合どうか。本当に困った状態になってしまったら、ウィッグやCMで観るようなレディース○○を勧めるそうです。しかし、基本的にその人の髪を活かして少しでもボリュームがあるように見せる努力をするとのことでした。

私の場合は、ボリュームが出るようにパーマは必須で、ショートカットにしています。髪を伸ばしている方が薄毛が強調されるからです。カラーに関しては、試行錯誤した結果、クリーム色より白っぽい色に落ち着きました。地肌が目立たないのと、白髪も目立たなくなりました。私は若い頃から白髪が多く悩んでいて、ずっと白髪染めをしてきましたが、この色なら白髪染めは必要ありません。髪型も髪色もかなり気に入っていて、薄毛で悩んでいた気持ちが軽くなりました。

シャンプー、トリートメントは、母と一緒にセグレタを使っています。他のシャンプーと比べると、確実にボリュームアップします。使用したことのない方にはぜひ、お勧めです。

遺伝だから仕方ないと諦めていた私。それでも、やはり髪型も含めてお洒落したい!という気持ちが色々なことを試す原動力となりました。スタイリストさんとの出会いも大きかったです。薄毛だから、髪型は変えられないとかカラーは厳しいとか、そんなこと考えずに自分のしたいようにやってみてください。物の見え方が変わってきます。